ママさんバレー初心者さんにぜひ読んでほしいブログ

ママさんバレーで上達したい方必見!経験者さんと呼ばれる人たちに、追いつき勝てるようになるのか!?

【ママさんバレー】二段トスになる時、セッターとお見合いしてしまう件

   

 

こんにちは、さわです。

久しぶりの更新となりました。

 

通常セッターがトスを上げるのは基本ですが、カットが乱れた場合、セッター以外の選手が二段トスを上げることになります。

 

相手チームとのレベル差にもよりますが、サーブカットの成功率(Aパス)は、ママさんの場合、あまり高くないように思います。

 

そのため、セッター以外の選手が、二段トスをきちんと上げられるか、も、試合の勝敗の一つの大きな要因になっているとも感じています。

 

が、この二段トス、セッターが走るのか、他の選手が上げるのか、が、チームの議題になることがよくあります。

 

基本的には二本目はセッター、とは言いますが、セッターが行ける範囲というのは、人それぞれです。

ママさんの場合、セオリー通りには動けないことが多いですね。

逆に、発言力あるセッターさんに、その時その時で都合よく、後出しで、今のは行って!や、これは行くから来ないで!と言われると、周りの選手が迷ってしまいますよね。

 

個人的には、迷うくらいなら、結果的に速くボールの下に入った方でいんじゃない?

 

と、思っています(笑)

 

ただし、セッターが行けるのであれば、アタッカーがフルで使えて攻撃力が増すため、行った方が良い、というのはセオリーです。

 

が、基本は基本であり、絶対にセッターと決めてしまって、結果的にボールが乱れたり落ちたりするのであれば、もったいないかな、と思います。

 

なので、以下は、迷わないための方法です。

 

f:id:sawa7230:20200625215654j:plain

 FineGraphicsさんによる写真ACからの写真   

 

 

 お見合いになる原因と対策

せっかく上がったボールを、お見合いで落とすのはもったいないですね。

以下、思いつく限りの原因と対策を考えてみました。

セッターがトスに入る範囲が定まっていない

前述のとおり、セッターが入れる範囲というのは、個々によって違います。

ママさんバレーでは、20代~70代くらいまで、さらに経験年数も違う選手が同じチームに所属しているものです。

そのため、高校時代当たり前だった、セッターはこの辺までが行くべき範囲、というものを決めてしまうと、逆に失点につながったり、セッターだけが責められるパターンにもなります。

ママさんバレーの場合、コート内を全員で補ったほうが上手くいきやすいです。

自分のチームのセッターが、どこまで行くのか、普段から話し合っておくと良いでしょう。

ただし、ボールが落ちた後の、後出しでない方が良いですね。

後出しで言うと、落ちた時だけ、そこ!になりがちです。

他の選手が近いボールに全て反応してしまう

基本的には、セッターが二本目をトスして、アタッカーが打つ、という形に持っていきたいですよね。

ただ、慣れない時には、近くのボールに全て反応してしまうアタッカーがいます。

セッターが余裕で上げられるボールは、たとえアタッカーの方が近くても、セッターがトスしてくれるのを信じて、開いて待つ、これができると、かなりスムーズなバレーができるようになります。

"自分の方が近いけどセッターに任せるボール"は、上の通り、個々のセッターによって違います。

自分のチームのセッターが、どこまで行ってくれるのか、確認しておきましょう。

ちなみに、他のチームのセッターさんに、同じことを求めてはいけません。

それぞれの範囲が違うので、臨機応変に対応することが大事です。

声が出ていない

必須でもないのですが、最終的には、やはり声出しです。

行ける範囲を決めたところで、何センチ何ミリまでを守れるわけでもなく、どうしてもグレーゾーンというものはあります。

二本目はセッターという基本がある以上、セッターの方が主導で、「行く!」のか「お願い!」なのか、声を出します。

ただし、アタッカー側から、セッターとお見合いしそうなので、先に声を出すというパターンもあります。

どちらにしても、声を出して損はないので、どっちか、を決めるのではなく、自分から出すことを心がけると良いと思います。

 

   

 二段トスでお見合いをしないためには?

上に原因と対策を書きましたが、話合っていても心がけていても、咄嗟の判断をしないといけない状態にはなります。

また、基本的には、相手を動かすことはできないものなので、自分のみができることを以下に記述したいと思います。

セッター側

  • 普段から、どこまで行けるのか、どこなら任せたいのか、メンバーに伝えておく
  • 誰よりも先に一歩目を出す
  • 行けない場合は、「お願い!」と叫ぶ
  • 相手とほぼ同時に動いた場合は、「はいはいはい!」と声を出し、相手が気づかず、または間に合わず、相手の方が先にボールの下に入った場合は、最終、相手の後ろへ回り込む←これしないとお見合いになります

アタッカー側

  • 普段からセッターが行ける範囲を聞いておく
  • 基本的には、セッター優先
  • 微妙な位置にカットが来たら、ボールから目を離し、すぐセッターを見て、一歩目が出ているか、「お願い!」と言っていないか確認する
  • セッターが来ている場合は、すぐに開いてセットアップ 
 

同じところに落ちても、どこからボールが来たかで違う?

二段トスに限らずですが、基本的には、ボールは向かってくるボールは触れますが、逃げていくボールは触れません。

どういうことかというと、例えば、セッター位置より、レフトよりにカットが上がった場合、レフトバックから来たか、ライトバックから来たか、によって、難易度が違います。

また、ボールの軌道上に、人がいるかいないか、でも、感覚的に違います。

こればっかりは、実際にボールを投げてみないとわからないので、機会があれば、ぜひ実際に試してみてください。

そのため、ここまではセッターが行く、と場所で決めてしまうのは危険です。