ママさんバレー初心者さんにぜひ読んでほしいブログ

ママさんバレーで上達したい方必見!経験者さんと呼ばれる人たちに、追いつき勝てるようになるのか!?

【ママさんバレー】初心者はどのポジションからするべきか

全日本などを見て、アタッカーカッコよい!と、憧れてバレーを始めたものの、監督さん、コーチ、または上手い経験者さんから、まずはバックから、と言われることが多いですよね。

 

そのため、初心者さんの中で、バック<アタッカー、の図式ができているような気がします。

 

練習試合などで、ポジション決めの時に、アタッカーの人が、「わたし、バック”でも”いいよ」と言うと、モヤっとすることもあるようですね。

 

経験者さんたちが、どのように思っているのか、そのあたりを考察してみました。

私の個人的主観も入ってます。

 

f:id:sawa7230:20191208102742j:plain

 

 

 

 

1.何から練習したら良いのか

本当に全くの初心者さんからのバレーだった場合、まずは、アンダーパス、オーバーパスとサーブの練習をするのがお勧めです。

サーブは、ポジションに関係なく、全員に必要なスキルです。

パスについても、レシーバーでも、アタッカーでも、技術的に必要なスキルなので、最初に覚えることになります。

思うところに持っていけるようになるまで、大事に練習しましょう。

 

2.アタッカーは習得するべき技術がたくさんある

ダイナミックなアタッカーに憧れて、アタッカー希望の初心者さんは多いです。

が、単純に技術というだけでも、アタッカーが習得しないといけない技術は、たくさんあります。

レシーバーであれば、技術、という面では、アンダーパス、オーバーパスだけですが、アタッカーだと、それに加えて、スパイク、ブロックを習得する必要があります。

そういう面から、バックから、と言われることが多いのかもしれません。

 

3.ポジションはどうやって決まるのか

大抵、前衛か後衛か、身長で、決められてしまうことが多いようですね。

後は、性格や運動能力、などで、勧められることもあります。

例えば、エースアタッカーなどは、強気でクールでないと努められません。

セッターは、いつも冷静で、分析ができるタイプの人が良いですね。

 

4.そのチームで必要なポジションと自分がやりたいポジション

自分の希望ポジションに、すでに他の人がいる場合、空いているところをすることになります。

本当は、レフトアタッカーがしたいのに、前からいる人がいるので、ライトへ、というのこともよくあります。

また、アタッカーはたくさんいるので、バックへ、や、その逆のパターンもありがちですね。

基本、みんなで練習するため、本来したいところではないポジションをすることはよくあります。

逆に、そこしかできない、という人は、ある意味強いですね。

 

 

 

 

5.やりたいポジションをしたいなら他のチームも考える

ある程度、レシーブができるようになったら、アタックやブロックの練習もしたい、 ですよね。

ただ、ここで、まずはレシーバーから、と断わられることも多いようです。

自分の希望を伝えても断られるようなら、希望のポジションの練習をさせてもらえる別のチームに入ることも検討すると良いと思います。

チームによって、いろいろなカラーがありますので、全員が同じ練習をするところに所属すると練習できますね。

また、地域で、初心者向けのバレーボール講習会が開催されているところも多いので、そういったところを利用するのも手です。

  

6.あとがき

仕事ではない、趣味でやっているバレーですから、基本的にしたいことをしたら良いと思います。

ただ、チームの事情ということもあるので、自分の意向がチームの意向と違うようなら,

他のチームを検討してみるのが一番だと思いますよ。

スケジュール的に問題ないなら、何も今いるチームをやめる必要もありません。

もっと練習したいので、と、2チームに所属することはよくあることですね。

 

また、別の視点からですが、レシーバー<アタッカーという考えは、全くないと思います。

たぶん、上手くなればなるほど、感じると思いますが、レシーバーは本当に奥が深く、難しいポジションです。

同時に、良いレシーブがなければ、チームの全員が何もできないまま、ということになります。

つまり、トスが上がって、アタックが打てるのは、良いレシーブあってのことです。

なので、なんだかアタッカーが凄い、みたいな風潮は、なんなんだろう、と正直思いますねー。

 

もしレシーバーで劣等感を感じている方がいらっしゃったら、レシーバーしかできない、ではなく、レシーブが上手いからレシーバーをしている、という自信を持って、楽しんでほしいと思います。

 

 

 

週3日OK・日勤のみのお仕事多数!
介護専門求人サイトかいご畑