ママさんバレー初心者さんにぜひ読んでほしいブログ

ママさんバレーで上達したい方必見!経験者さんと呼ばれる人たちに、追いつき勝てるようになるのか!?

【ママさんバレー】チームの選び方

   

 

今回は、ママさんバレーのチームの選び方です。

 

初心者さんの場合、地域で誘われたから、と、たまたまそのチームに所属、ということも多いかと思います。

 

が、このチームの選び方。

 

実は、とても大事です。

 

チームのカラーをよく知ってから、自分のあったチームを選んで入部しないと、後で大変な思いをすることにもなります。

 

一つのチームで足りなくて、二つ目のチームを探す場合、辞めた後にまたバレーをしたいと思う場合、引っ越しなどでチームを変わる場合など、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

【目次】

 

f:id:sawa7230:20191205173710j:plain

そのママさんバレーのチームの特色を知る

ママさんバレーのチームには、二つのカラーがあります。

よく言われるのが、楽しむチームか、勝利を目指すチームか。

その真ん中で、楽しみながら、かつ勝利を目指す、という場合もありますが、なかなか難しいのが現実です。

 

チームのメンバー募集で、初心者大歓迎!と書いてあるにも関わらず、バリバリ勝利を目指すチームだった場合、試合に全く出してもらえない、ということも多々あります。

 

それがわかった上で、勉強のために入部する場合は良いですが、下手したら、練習さえもスタメン優先で、試合にも出してもらえず、かと言って、周りの目がこわくて辞めることもできず、というような泥沼化することもあります。

 

逆に、楽しむチームに入った場合、練習はおしゃべり中心、試合はみんなで平等に交代するため、勝てる試合にも勝てない、のがストレスになる場合もあります。

 

どちらが良い悪いということはないのですが、入部する前に、そのチームのカラーを知っておくことは大切です。

 

どのレベルでママさんバレーをしたいかを考える

基本的に、自分の技術レベルというものは、自分でわからなかったりするものです。

一つの技術だけを見るわけではなく、攻撃力は高いけど、守備力が弱い人、という場合は、評価する人によって、攻撃力を重点に見る場合と、守備力を重点的に見る場合があるからです。

レベルを見極めるには、候補のチームに何度か体験に行って、自分がそのチームで、自分がみんなを引っ張っているのか、同じくらいでお互い協力できるのか、いつもみんなにカバーされているのか、を考えると良いと思います。

 

自分より上のレベルのチーム

監督だけでなく、経験者さんやママさんバレーの先輩から、教えてもらえるだけでなく、見ているだけでも勉強になります。

できないところ、失敗したところは、上手い人にカバーしてもらえます。

試合に出るのは、状況によりけり。

ギリギリの試合運びの場合は、出られないことも覚悟しないといけません。

 

自分と同等のレベルのチーム

自分のポジションのことは自分で責任を持ちます。

チームメイトのことを信頼して、同レベルで話し合えるチームになります。

試合に出るかどうかは、チームの方針によります。

 

自分より下のレベルのチーム

自分より格下のチームメイトがいる場合、アドバイスする側になります。

また、その選手ができないことは、自分がカバーしないといけなくなります。

できない相手に要求するより、自分のできること増やすことが大事です。

試合には出られますが、勝つために、アタッカーなら、自分で点を取り、レシーバー、セッターなら、自分が他の選手のフォローをすることが必要です。

 

 

 そのチームに空いているポジションがあるか

学生バレーと違って、ママさんバレーでは、卒業、や、引退がありません。

厳密には、引退はありますが、みなさん70歳くらいまでバレーを楽しんでおられる方もいます。

と、いうことは、空くのを待っていて、自分がしたいポジションに入れるのは、30年後くらいでしょうか?(汗)

実力があれば、と思うかもしれませんが、ママさんの場合、実力があっても、そのポジションの現役選手がいる場合、変わることは難しいと思います。

なぜなら、ママさんバレーは趣味であり、基本的には、みんな”自分が”バレーするためにチームに入っているからです。

 

また、監督からの指示で、運良くスタメンになれたとしても、そのポジションに前からいるメンバーとそのメンバーの友達などと、上手くいかない場合も多いです。

気にしない、と思われるかもしれませんが、チームスポーツであるバレーボールは、チームに亀裂が入っていると勝てません。

そのため、ポジションが空いていない場合は、厳しい状況になるかと思います。

 

アタッカーがいないから、とか、セッターがほしい、とか、はたまた人数自体が足りないから、などのチームに入部した方が、その後、重宝されて、スムーズにいくこと間違いなしです。

 

 

アタッカーであれば、セッターとの相性も大事

セッターが上手い下手、というのもありますが、慣れてくると、上手い下手だけでなく、好きなタイプのトスと、打ちにくいトスをいうのがあります。

このセッターのトスが好き、という考えで、チームを選ぶのも手です。

また、トスだけでなく、気持ち的にも安心できたり、話し合えたりするセッターの方が、アタッカーとしては気持ち良くプレーできます。

 

 

セッターであれば、やりたいコンビができるか

コンビをしたいのであれば、速攻をしてくれるアタッカーがいることが必須です。

速攻をしたいのに、アタッカーが全員オープンしか打てないのであれば、やりたいことができないので、楽しめません。

普通は、今から練習していくということもできるはずですが、ママさんの場合は、今できることだけで楽しみたい、と思っている人も多く、新しい練習はしたくない人もいます。

 

 

f:id:sawa7230:20191205212542j:plain

 

 お勧めのチーム選びのまとめ

いろんな選び方を紹介させていただきました。

 

チームに選ぶ時には、適当には選ばず、長く所属することを踏まえて、入部するチームを考えると良いですね。

 

どんなチームを選ぶかは、個人の基準ですが、私のおすすめは、

 

自分のやりたいポジションが空いているチーム、かつ

 

2チームに所属し、格上レベルのチーム+自分が最大限頑張れる同等レベルのチーム

 

です。

 

ポジションが空いていることは、入部する側される側お互いに、やはり必須だと思います。

 

2チーム所属の理由は、格上のチームで、試合に出られなくても、たくさんのことを勉強させてもらい、自分と同じレベルのチームの試合でどんどん活躍する、という形が自分の成長に繋がるからです。

同レベルの中にずっといると、小さくまとまってしまい、それ以上成長しにくいので、強いチームで勉強させてもらうと良いと思います。

格上のチームにいると、練習試合の相手チームも格上だったりするため、スピード感や、パワー、高さなどが違う、上級のバレーに触れることができます。

 

バレーをしようと思っている人は、基本的には、成長=楽しい、ですよね。

 

さらに、チーム全体での成長となり、去年は勝てなかった相手に勝てるようになると、最高ですね!

 

 

   

 

こちらの記事も人気です。

www.sawa-kurashi.com