ママさんバレー初心者さんにぜひ読んでほしいブログ

ママさんバレーで上達したい方必見!経験者さんと呼ばれる人たちに、追いつき勝てるようになるのか!?

【ママさんバレー】なんとかトスを上げたのにアタッカーが打ってくれない

f:id:sawa7230:20191124204946j:plain

 

普通のトスでも、二段トスでも、せっかくトスがあがったのに、打ってくれないと、悲しいですよね。

 

悲しいのですが、悲しんでいても、逆に怒っても、いつまでたっても打ってくれません。

打ってくれない人は、どうやったら、打ってくれるのでしょうか?

 

 

トスを完璧にする。

まあ、それは頑張りましょう。

 

トスを上げる時に、アタッカーの名前を呼ぶ

打つ気がないアタッカーさんには、良いですね。

 

 

それも良いのですが、打ってもらうために、神の言葉があります。

どの技術の時でも使えます。(以前書いたこともありますね)

 

 

 

 

 

「失敗してもいいから」

 

 

 

 

 

これ!これです!!

初心者さんがなぜ動けないかというと、失敗がこわいからです。

 

 

失敗がこわいから、隣の人が見えたら、避けてしまうし、乱れたトスなんてこわくて打とうとすることさえできません。

 

 

が、この「失敗してもいいから」と言うと、失敗してもいいのなら、挑戦してみよう、と思います。

 

 

もちろん、初めてやってみたことは、まず失敗します。

 

 

そうすると、「打てないのなら、オーバーで返すとかしなさい!」と言う指導者さんもいます。

 

 

これを言われると、次、新しいことに、挑戦できなくなります。

次にしなくなると、一生できません。

 

 

つまり、失敗を恐れるあまり、あなたのチームであなたに厳しいトスが上がったものは、全てチャンスボールで返してしまうということになります。

 

 

 

これ・・・、ダメダメですよね。

 

 

 

なので、難しいトスを打てるようになるためにも、ぜひ失敗しましょう。

ただし、同じようなトスを失敗し続けたらいけません。

失敗したら、どこを直したらいいのかが分かった上で、次、練習すると上達も早いですよ♪

打てなかった時に、自分で理由がわからなかったら、上手な人に聞いてみると良いと思います。

 

逆に、失敗してもいいから、と指導者さんが言ってくれない場合は、自分で、「失敗するかもしれないけど、できるようになるために練習したい」と周りにいっておくと良いと思います。

 

 

 

あ、ちなみに、この言葉は、練習や練習試合の時だけですよ。

 

試合では、練習でできないことをしてはいけません。

逆に、練習の時に、どのボールなら打てるか、と把握しておくことも大事です。

 

 

試合の時は、自分でできることで勝負、それ以外は、確実に返すことが大事です。

失点は痛いですからね~ 

 

脱毛と美顔が両方できる!読モ絶賛☆「ケノン」