ママさんバレー初心者さんにぜひ読んでほしいブログ

ママさんバレーで上達したい方必見!経験者さんと呼ばれる人たちに、追いつき勝てるようになるのか!?

【ママさんバレー】決めないといけない重責で押しつぶされそうなエースさんへ

f:id:sawa7230:20191122182349j:plain

 

今回は、過去の私の経験をお話したいと思います。

 

過去の私は、かなり精神的に恥ずかしい部分がありますが、包み隠さず、書いています(笑)

 

 

 

私は以前、あるチームでレフトでエースアタッカーをしていました。

 

そのチームでは、男性コーチが熱心に、アタックのフォームの改善から、点の取り方までいろんなことを教わりました。

男子バレーだからこそ、パワフルバレーで、とにかくエースに持っていって、エースが決めろ!というタイプでした。

本人もエースでそういうバレーをしてきたのだと思います。

若い男のコーチでしたが、この人は学生時代からずっとエースで一人でパワフルに点を取り続けていた人で、それはもうすごい人だったそうです。

 

特別に教えてもらうことで、「さわばっかりずるい!私も教えてほしい!(←それなら私ではなくコーチに言ってよ!と思いましたが(汗))」と、他の部員の嫉妬の目に合いながらも、無心にバレーをしていました。

 

 

ただ、そのチームでは、私以外のアタッカーが、ママさんから始めたメンバーばかりだったため、頑張ってはくれていたのですが、正直攻撃力が弱く、ブロックが常にレフト前で待たれている状態でした。

 

トスはレフトに集中し、たまに他のアタッカーに上がっても、アタックミスもあり、自滅での失点になってしまう、というかんじでした。

 

そんな中で、失点する前に早く私が点を取らないと!と、もう必死でした。

 

コーチも、なんとか私に点をとらせようと、もっと強く打て!とか、もっと高くジャンプして!とか、いろんなコース打ちや、効果的なフェイント、などなどそれはもうたくさんのことを教えてくれました。

(この時のスパルタで、今の私ができることも増えたので、コーチには感謝していますよ)

 

が、ですよ。

やっぱり一人で点を取るのは、辛いんです。

負けた時には、まず全て自分の責任と思って、激しく落ち込みます

その後、もう少し他のアタッカーがブロックを引っ張ってくれたら、とか、せめて失点しなければ、とか、と考えてしまいます。

いやいや、それでも、私がもっと決定力があったら、などなど。

で、出口のない思考がぐるぐるぐるぐる・・・。

 

そして、早く決めてよ!という、後衛からの威圧感(汗)

 

 焦燥感・・・。

 

 

 

 

はまりました。

 

 

 

この頃は、バレーは好きでしたが、精神的に辛い時期でした。

 

 

エースがこんな状態だと、チームにも伝染します。

必死すぎる私に、気を使い、声もかけられなかった、と、後で聞きました。

 

 

今、考えると、これって、やっぱりある意味、チームのメンバーを信じてなかったんですよね。

相手を責めない代わりに、背負いすぎて、勝手につぶれて、あげくのはてに、周りに気を遣わせる、という・・・。

本当に申し訳なかったと思ってます。

 

 

自分一人でできることは、やっぱり限りがあります。

だからって、自分ができないのを人のせいにするのも違います。

 

頑張るのと、必死なのは違うのかな、と思います。

 

これをきっかけに、

 

一人で背負って頑張るのはやめました。

 

勝っても、負けても、みんなでやった結果です。

一人のせいでもなく、一人のおかげでもないのです。

そう考えるようになって、肩の力が抜けて、その時その時を丁寧にバレーできるようになりました。

 

私の時もそうでしたが、監督、コーチ、キャプテンから、エースのあなたが決めないといけない、と言われるかもしれません。

もちろんそんな責任感を持っていることは大事だと思います。

 

ただ、試合の勝敗の全責任が自分が追うのは、今思うと、おこがましい話ですね。

自分、どんだけできるつもり!ってことです(笑)

 

学生バレー(←に準じるチーム含む)だと、また違うのかもしれませんが、ママさんは、やっぱりママさんなのです。

 

ママさんバレーは、趣味のバレーであって、主婦のそれぞれ大切な時間を割いて、楽しんでするものです。

楽しんで、というと、また、なんでもありの、楽しさと勘違いする人もいますが、バレーすることを、一生懸命に、楽しむということです。

 

 

チームのメンバー全員で戦っているという意識が持てると、チーム力もあがり、そして、相乗効果で、試合にも勝てるようになるものです。

 

 

技術的には、こっちのチームの方が勝っているのに、なぜか負けるチームありませんか?

 

私は、それって、そういうことじゃないかなー、と思います。

 

 

 

最後まで、さわの若かりし頃の残念だったお話を読んでいただき、ありがとうございました。