ママさんバレー初心者さんにぜひ読んでほしいブログ

ママさんバレーで上達したい方必見!経験者さんと呼ばれる人たちに、追いつき勝てるようになるのか!?

【ママさんバレー】アタックの時にブロックが見えない

f:id:sawa7230:20191028114704j:plain

 

前の回でも書きましたが、アタックが打てるようになってくると逆に決まりづらくなります。

過去記事のこちらです。

 

www.sawa-kurashi.com

 

 

過去記事では、技を中心をお話しましたが、今回はブロッカーとの関係をお話したいと思います。

 

まず、冒頭の記事でも書かせてもらった通り、アタックが上手くなって、ミートがよくなってくると、助走の方向に真っすぐ打つと、ブロッカーにドシャットされます。

なぜなら、相手ブロッカーは、助走の先のアタッカーの利き手の前に、ブロックの手を置くからです。

どんなに強く打っても、ブロッカーのブロックの手が、貴方のアタックより硬ければ、打っても打っても打ってもさらに打っても、何度もブロックされてしまうでしょう。

 

そして、そうなると、周りからよく言われるのが、ブロッカーの手をよく見て!!です。

 

これ、間違ってはないのですが、難しいです。

まず、手を見るってことが、かなり難しいんです。

 

 

世界大会を見てください。

世界最高レベルのバレーボーラ-でも、ブロックされているのです。

つまり、上手くなってブロッカーの手が見えるのであれば、最終的には、必ずブロックは避けられるだろうし、最高峰のバレーボーラーがブロックされることはないはずですよね??

 

つまり、最高峰でもない私たちが、確実に手を見て打つっていうことはかなりの難易度となります。

   

では、どうやったら、見えるようになるのか、ですね。

 

まず、最初に補足しておきますが、トスがネットに近ければ、目の前なので、手が見えます。

その場合は、手の先を狙ったりして、外へ弾きましょう。

 

 

 

さて、今回は普通のトスの場合です。 

 

結論から言うと、見えるのは、ブロッカーの位置が、周辺視野でぼんやりとです。

打つ時は、ボールに集中しているので、助走しながら飛びながら、はっきりと手の形は見えません。

だいたいこの辺というのが、わかっていれば大丈夫です。

 

つまり、ストレートよりか、クロスよりか、がわかれば良いと思います。

イメージをしては、空いているところは、ぽっかりと白く?なんとなく解放感があります。

ブロッカーがちゃんといれば、目の前の視界が暗く見えます。

 

その程度で充分な情報になります。

 

黒く圧迫感があれば、目の前真っすぐではなく、捻ってストレート側へ打ち、白く見える明るいところがあれば、そこに向かって思い切り打ち下します。

 

基本的には、ブロッカーが目の前にちゃんとついている、と思えば、エンドライン、サイドラインギリギリの長いコースを打つのがセオリーと言われています。

下にたたきつければ、強く打ててカッコいい気がするかもしれまんが、決定率の高いアタッカーさんは、オープントスからであれば、長いコースで決めていることが多いはずです。

 

 

それから、アタックの時に勝負するのではなく、コートに入った時点で、事前に自分の前に、どのブロッカーが飛ぶのか、確認しておくことも大事です。

 

170以上ある背の高いブロッカーと、160ないくらいの背の低いブロッカーが並んで飛ぶのであれば、低い方を狙う方が良いですよね。

また、その相手選手がブロックが上手い、と知っているのであれば、あえてその選手と勝負する必要はありません。

冷静に考えれば当たり前なのですが、試合中は慌てて確認できてないことも多いと思います。

 

コートに入ったら、まずは、自分の相手となるブロッカーが誰かを確認します。

また、クロス側とストレート側、左右どちらのレシーバーが強いのか、さらに、強打に強いのか、軟打に強いのか、前に突っ込むのが得意か、後ろにしっかり残っているのか、を早いうちに確認すると良いでしょう。

どこを狙うと決まりやすいのか、がわかっていれば、結果的に決定率は上がります。

 

この方法を試合で実践するために、練習の時に、まっすぐ一生懸命強く打ち下すばかりではなく、コーナー辺りの長いコースを狙う、助走の方向と違う方向に打つ、などの練習をすると良いと思います。

練習の時は、常に前にブロックがあることを、イメージした上で、アタックを打つ練習をすると良いですね。