ママさんバレー初心者さんにぜひ読んでほしいブログ

ママさんバレーで上達したい方必見!経験者さんと呼ばれる人たちに、追いつき勝てるようになるのか!?

【ママさんバレー】アタックのタイミング練習方法

f:id:sawa7230:20191028213453j:plain

 

 

バレーでアタックを練習をしようとすると、よく陥る壁。

タイミングが合わなくて、ボールを空振りする、もしくは、ミートしない、というのをよく聞きます。

 

 

でも、安心してください。

これって、初心者さんは当たり前なんですよね。

 

 

そもそも、アタックとは、

 

  1. 助走を覚える
  2. 手の振り方を覚える
  3. トスに合わせてジャンプする
  4. ボールに合わせて打つ

 

という動作の連携が必要なため、バレーの技術の中でも、難しい技術なのです。

 

それなのに、とりあえず助走と手の振りを、上級者さんから教えてもらい、セッターからのオープントスで、「はい!打ってみて?」と練習することが多いな、と思います。

 

ママさん独特かもしれないですね。

 

   

 

アタックの練習は、ボールなしでジャンプするところからです。

助走が、目を瞑ってもできるようになるまで、ボール無しで体に覚えさせましょう。

無意識にできるようになったら、次にボールを打ってみます。

 

セッターからのトスは、まだ我慢して、まずは手上げのボールからです。

 

しかも、いきなり強打を打ってはいけません。

一番高いところでボールをとらえる意識をしながら、フェイントから練習しましょう。

ボールを下から触って指先で上にチョンとするのではなく、きちんとボールをとらえて、ボールの横から押すようにフェイントします。

 

できれば、高い位置でとらえることができるまで、打たない方がいいかもしれません。

かぶったり、下を叩いたり、のような、おかしな癖がついてしまうからです。

 

 

高い位置でとらえることができるようになったら、いよいよ打ちます。

が、ここもまた、初めにオープントスを打ってはいけません

 

まずは、センターで、セミくらいの手上げのトスを打ちましょう。

理由は、一番合わせやすいタイミングだからです。

 

手上げするボールは常に一定の高さにしてもらい、トスが上がるのと同時に助走を開始します。

フェイントの時と、同様に高い位置でミートして打てたら、成功です。

 

 

オープントスの場合は、トスの手が離れてから、アタッカーの方がタイミングを見て、助走を開始しないといけません。

なので、初心者さんで、うまくタイミングが合わせられないな、という方は、セッターから近く、タイミングが合わせ易いセミトスから打ってみましょう。

 

手上げのセミが打てるようになったら、次は、レシーバーからつないだ、セッターからトスを打ちます。

手上げで打てるようになっていたら、難なく打てると思います。

 

 

そして、セミが問題なく打てるようになったら、サイドオープンのトスを打ちます。

前述の通り、オープントスは、アタッカー自身が助走のタイミングを計り、セッターの手から離れて少し待ってから入ることになります。

 

トスの高さもさまざまなので、どのくらいの高さで、どのくらいで入ればいいのか、は経験で、何度も練習していくしかありません。

 

センターセミのトスでしっかり打ててきたら、ボールのミートする高さとポイントがわかってきます。

そして、オープントスでも、同じ位置でミートし、ボールに手ごたえがあるように打てるようになれば、成功です。

 

もし、自分が打ちやすい高さ、というのがわかってきたら、セッターに要求して、その高さのトスを上げてもらうと良いです。

 

練習の順番が間違っていたら、上達はどうしても遅くなります。

無理して、おかしな癖がついたまま、なんとなく打ててしまうと、後からその癖を直すのは大変です。

 

焦らず、ゆっくり一つ一つの動作をしっかり練習していきましょう。