ママさんバレー初心者さんにぜひ読んでほしいブログ

ママさんバレーで上達したい方必見!経験者さんと呼ばれる人たちに、追いつき勝てるようになるのか!?

【ママさんバレー】フェイントの取り方

f:id:sawa7230:20191028213143j:plain

 

フェイント攻撃、決められると嫌ですよね。

 

逆に、余裕であげることができたら、してやったり!

今度は、相手さんに、取られた!きーっ!と思わせることができます。

 

強打で決められた場合は、ある意味諦めもつくのですが、フェイントって、チャンスボール。

全く動けず、無情にもボールを落ちるのを見送る。

もしくは、3人くらいがボールに走って、真ん中にポトン。

 

どちらにしても、落ちた時は、モヤっとします。

 

   

 

では、どうやってフェイントを上げるのかですね。

 

 

まずは、ある程度、誰がどこのボールを取るのか、のルールが必要です。

フェイトだけに限らず、バレーボールは考えるスポーツです。

 

ボールがきたところに、誰もが必死で走ったら、ボールがあがりません。

 

少し脱線しますが、試しに広いコートの真ん中やや後ろに一人で立って、高さのあるチャンスボールを投げてもらいましょう。

3分間取り続ける、などの体力と、足を動かす練習ではないです。

ただ単に、3本くらいでも構いません。

10割とは言いませんが、9割くらいは取れる、もしくは触れるのではないしょうか?

 

1人で9割触れるボールをみんなで取るのです。

 

てことは、行きたい人が行きたいところに走っていくと、ぶつかりますよね。

もしくは、相手が見えるので、逆に頼ってしまいます。

なので、まずは、そのボールを誰が取るのかを、チームで決めましょう。

 

ただし、決めたものが絶対!でもないです。

指導者の方も言われているかもしれませんが、臨機応変も大事です。

逆にその、臨機応変てなんだよ、と、思うのも初心者さんあるあるなんですけどね(汗)

 

 

まずは、誰がどこのボールを取るのかを決めたら、他の人はその人を信じて基本的には見守ります。

もしくは、その人の名前を呼びます。

 

 

 

 

さて、ルールが決まったら、次は読みです。

 

まずは、強打かフェイントかを読みます。

 

一番簡単なのは、トスが近かったり、短かったりして、乱れ、相手が強打が打てない場合、です。

間違いなくフェイント、もしくはチャンスボールが来ます。

 

なので、その場合は、いつまでもネット際でブロック待ちをせず、すぐにサーブカット位置に下がりましょう。

 

相手が打てるかどうかの判断ですが、これはそのアタッカーのレベルによります。
 

離れても、近くても、短くても打てるアタッカーの場合は、ブロックに飛んでおいた方が無難です。

 

   

 

 

次に、打てるけども、相手アタッカーがフェイントを選んだ場合です。

 

これは、二つの読み方があります。

 

基本的には、アタッカーをよく見ます

これ、よく言われると思うんですが、初めたばかりのころ、私も、見ろ、と言われるけど、全く見えないー、と思っていました。

 

いつ見るのか、を、教えてもらえないことが多いんですよね。

 

で、いつ見るのか、です。

 

相手レシーバーがカットして、ボールがセッターに行き、セッターがトスして、アタッカーにボールが渡るまでの間、どうしていますか?

 

ネットについて、ブロック待ち、後衛の方なら、フォローした後下がりながら、定位置に戻っているところだと思います。

 

その間、ずーーーーーっとボールを見ていませんか?

 

ボールは見続けいてはいけません。

 

ボールから、目を離しては行けません、と習いましたか?

それも事実です。

 

が、ボールから目を離すことも必要なのです。

 

目を離してはいけない場面は、また他のページでお話しますね。

 

 

相手が攻撃してくる時には、レシーバーからセッターに返るまでに、セッター、できたらアタッカーを見ます。

 

見るべきところは、セッターの体や手の形、と、アタッカーの位置です。

 

この件は、ブロックの回でお話させていただきました。

 

www.sawa-kurashi.com

 

 

その後、ですが、セッターのトスから、アタッカー にボールを行くまで、ボールを見つつ、ブロックの位置をおよそ決めてから、アタッカーを見ます。

ただし、計画的?に、きちんとミートして、攻撃してくるアタッカーであることが前提です。

 

自分が打つ場合を思い浮かべてほしいのですが、強打の場合は、必ず手を後ろに引きます。

フェイントの場合は、肩あたりの上で手が止まります。

助走で、手を振ることはできても、肩から上の段階では、強打とフェイントと同じフォームにすることは不可能です。

 

なので、まずは、手が後ろに引かれているかどうか、を見ましょう。

わかりやすい人は、後ろに引かず、最初からフェイントをする形になっています。

上級者さんは、引いた後で肩あたりで止める人もいますので、その場合は、読みがさらに難しくなります。

いずれにしても、肩上あたりで、手の振りが止まるかどうかです。

 

さらに、どこに落とされるか、を見極めます。

 

フェイントとわかれば、もちろん手の方向もわかります。

 

ホールを取られるような、(言い方が悪いですが)下手なフェイントでない限り、ボール位置と手の位置関係を見ると、落とされる場所もわかります。

 

もうこれは、意識して見る訓練をしていくと、そのうちわかるようになりますので、ぜひ練習で見るように癖付けましょう。

基本的に、わ!フェイント来た!と思っているようでは、上げられるようにはなりません。

はいはい、ここね、というような余裕のカットの仕方ができるようになれば、相手も、もうしてこなくなります♪

 

 

 

二つ目ですが、流れを読むことです。

 

フェイントが来そう、という雰囲気を察知して、心構えしておきましょう。

あくまで心構えだけで、何も考えてないよりは、というくらいですが、来そう、思っているのと、思っていないのでは、瞬発力が違います。

 

とりあえず、アタッカーが何度打っても決まらない。

すると、フェイントに逃げてきます。

 

また、ラリー中、バタバタしている時も、フェイントで崩そうとしてくるのもセオリーです。

 

さらに、何度も落ちているところは、何度も狙われます。

 

なので、そんなときは、フェイント警戒しておきましょう。

 

   

 

また、番外編とのいうべき、ママさんバレーで有効な方法ですが、「フェイント来るよ!」と大きい声で言うことことです。

ツー来るよ!や、レフト!(ライト!などアタッカー指定)などもあります。

 

これ、味方に言っているのではなく、相手セッター、もしくはアタッカーに聞かせています。

 

言われると、読まれていると思い、その攻撃をしにくかったりするからです。

 

が、メンタル強いタイプの選手はそれでも、強気にしますけどね。

 

フェイントしてほしくない時、そのアタッカーに打たせたくない時などに、大きい声で聞こえるように言います。

 

小さい心理戦ですね(笑) 

 

技術がそこそこになったら、相手をどう騙すか、が、大事になってきます。

騙す方法は、アクションなり、声なり、目線なり、いろんな方法がありますよ♪