ママさんバレー初心者さんにぜひ読んでほしいブログ

ママさんバレーで上達したい方必見!経験者さんと呼ばれる人たちに、追いつき勝てるようになるのか!?

【ママさんバレー」速攻に対してブロックがつけない、の裏技??

f:id:sawa7230:20191028175256j:plain



 


こんにちは、さわです。

なかなか更新できず、申し訳ありません。

 

前回の、

 

www.sawa-kurashi.com

 

の続き、そして、裏技?とも言えるお話をしたいと思います。

 

 

 

相手のコンビ攻撃だったり、相手のアタッカーが強力すぎる場合。

決められなかったとしても、相手の攻撃が強すぎて、三回で返すのだけでやっと。

セッターに返らないので、トスもまともに上げられず、こちら側が攻撃すること自体できない。

 

せめて、攻撃をしないとどうにもならない、のに、

 

毎回必死でカットしても、攻撃にならないままチャンスボールで返ることになるので、余裕でカットされ、また速く強力な攻撃がきてやられる・・・、の繰り返し。

 

このパターン・・・、なすすべなく、辛いですよね。

 

 

 

ちなみに、これって、”相手が” 勝つための基本です(汗)

 

 

 

では、その速攻やコンビ、その他いろいろしてくるチームにどうやって戦ったらいいのか?です。

   

 

結論から言います。

 

 

 

 

 

 

 

相手に、速攻やコンビをさせない!です。

 

 

 

 

 

 

拍子抜けしましたか?

 

 

でも、これ、実はバレー初心者さんみんなが教えてもらってない(と思われる)バレーの真実です。

 

 

そんなのどうやってさせないの?と思われますか?

 

今まで、の過去ブログを読んでいただいている方は、わかるかもしれません♪j

 

 

初心者さんの場合、私も昔そうでしたが、目の前で取れないボールが来る→そのボールをどうするか、ばかりに頭がいきます。

 

チーム内で、ブロック間に合ってない、ちゃんとつかないと!、とか、レシーブの位置が悪い、こっちに来るから、こっちにいないと!などなど、みんなで話合ってみますよね。

 

でもね、やっぱりどうやってもやられるんですよ。

ちょっとくらい位置を変えたからって、どうにもなりません。

 

もちろん、前回お話した、リードブロックやコミットブロックで、上手に止められる場合もあります。

 

ただ、私個人的には、止められた場合は、トスを上げる位置がブロッカーにわかったってことです。

つまり、言い方は悪いですが、読まれるようなトスを上げた相手セッターの責任です。

 

逆にわかる場合は、大いにブロッカーに頑張ってもらって止めてもらいましょう。

レシーバーさんがボールが来る位置が読める場合は、大いにカットしまくってもらいましょう。

 

 

が、今日は、タイトルの通り、ブロックがつけない場合、です。

 

その場合は、はっきり言うと、カットできません。

レシーバーさんがカットできたら、奇跡です。

取れた場合は、ものすごく褒めてあげましょう。

本当にすごいことです。

 

 

では、話を戻しますが、速攻やコンビを使わせないには、どうするか、ですが、つまりセッターにカットを返させない、ことです。

 

上手いチームは、セッターにAパス(セッターがほぼ動かないでトスできるカット)が通ったら、ほぼ決めてきます。

必ず決まる攻撃を持っているからです。

 

なので、Aパス、できたらBパス(セッターが数歩歩いて楽にトスできるカット)さえも返させないことが、速攻、コンビを使わせない、ということになります。

もっと言えば、カットを乱して、セッター以外の選手が二段トスを上げる形にできるとベストですね。

 

   

 

 

その方法ですが、以下の方法があります。

 

 

  • サーブで崩す

正攻法ですが、基本です。

過去記事のサーブのページにも書きましたが、強力なサーブを会得することも大事です。

が、一番簡単なのは、相手チームの弱いところを狙う、です。

どこが弱いところか、は、次のページで説明しています。

 

www.sawa-kurashi.com

 

 

 

 

  • アタックで崩す

サーブと同じ原理ですが、強力なアタックを打てるのであれば、打って相手を乱しましょう。

ただ、トスが上がってきた時の状況により、相手の守備が完璧すぎて、まともに打ったら、シャットされたり、簡単にレシーブされると思われる場合は、まっすぐ思い切り打つのではなく、相手ブロックに当てて戻したり、嫌な攻撃に切り替えるのも手です。

 

 

 

 

  • ラストボールを嫌なところに返す

上記二点の、サーブ、アタックは、正攻法です。

間違ってはいませんが、ママさんでは、三番目のこちらの方法が一押しです。

相手が正攻法であればあるほど、効果があります。

トスが上げられず、アタックできないので、やむなくラストボールをチャンスで返す場面、センターあたりに優しいボールを返していませんか?

それって、確実に相手からの最高の攻撃☆がきます。

 

指導者さんには、奥に返せ、と指示されることが多いと思います。

間違ってませんし、むしろ王道なのですが、こちらのブログはママさんバレー初心者さんのためのブログなので、王道よりも、以下の方法をお勧めします(笑)

 

 

 

一つ目は、セッターに取らせる、です。

 

 

コンビをしてくるような相手はチャンスボールだと思って、セッターは素早くネット辺りに戻ります。

なんのコンビをしようか、とワクワクしています。

そんなときは、往々にして、セッターはボールから目を離してアタッカーを見ていたりするので、セッターが取らないといけないほど、セッター近くに落とします。

ネットスレスレにしないといけないので、若干技術もいりますが、上手く落とせると、セッターが一本目を上げるので、少なくともコンビを使えず、上手くいけば、慌てたセッターが弾いてくれたりしますよ♪

 

 

 

二つ目は、ボールに回転をかける、です。

 

 

なるべく低めに鋭いボールが良いです。

パス練習の時に、やってみるとわかりますが、ボールが無回転の方がカットはしやすく、回転がかかればかかるほど、扱いにくくなります。

アンダーカットで、腕を捻るように返します。

やり方についての動画は、残念ながら見つかりませんでした(汗)

ごめんなさい。

返す場所は、勢いがあるので、距離がある場所が良いです。

サイドアタッカーの前(→チャンスボールだと気を抜いているので、アタッカーが一枚つぶれる場合も多いです)か、エンドのコーナーに上手く回転を書けて返すと、セッターに返せなくなることが多いです。

 

 

 

三つめは、ものすごく高いボールを返す、です。

 

ものすごく高いボールとは、オープントスくらいのものじゃありません。

天井に当たるかも、くらいの高さです。

カットする場合を思い出してほしいのですが、高いボールってこわくないですか?

オーバーで取るのは、突き指しそうだし、アンダーで取ると弾く、そんな経験したことありませんか?

これを、相手チームに返す時に使います。

上手な経験者さんたちでも、こうゆうボールは大抵嫌いです(笑)

わー!、とか、いやあ!とか言ってます。

やり方は、腕を振ってもいいので、足も使ってとにかく上に高く飛ばします。

もちろん相手コートに入るように、角度は練習してくださいね。

ちなみに、こういう高いボールは、実はオーバーで取る方が安定します。

ただ、吸収する技術もいるので、難しいです。

なので、相手さんに有効♪

 

 

後は、アタッカーをつぶすために、一番こわいアタッカーの前、ネットスレスレなども、あります。

 

 

 

 

えー、ブロックどうやってつけるようになるのか、を見に来たのに~、という方、期待外れでしたら、申し訳ないです。

二度目の貼り付けになりますが、正攻法であれば、以下をご覧ください。

 

 

www.sawa-kurashi.com

 

 

 

 

ですが、正攻法でやるより、今回の裏技?の方が、実はかなり効果は高いです。

 

チャンスボールをチャンスボールで返さないだけで、かなり戦いやすくなりますよ♪

今回は、乱すための方法ですが、相手の集中力がかけていれば、けっこうな確率で普通に得点も取れたりします。

 

私も教えてもらった時に、その効果に感動しました(泣)

だまされたと思って、ぜひ、試してみてくださいね♪