ママさんバレー初心者さんにぜひ読んでほしいブログ

ママさんバレーで上達したい方必見!経験者さんと呼ばれる人たちに、追いつき勝てるようになるのか!?

【ママさんバレー】速攻に対してブロックがつけない

f:id:sawa7230:20191028114704j:plain

相手チームが、いろんなパターンの速攻攻撃を持っている場合、どうやってブロックにつくのか。

 

何もできないまま、ノーブロックで打たれる。

好きなようにやられて、悔しい思いをしますよね。

 

ブロックがなければ、レシーバーがカットするのもかなりしんどいです。

 

では、どうやってブロックにつくのか、ですよね。

 

 

 

まず、基本的に、ブロックには、リードブロック、とコミットブロック、というものがあります。

 

  • リードブロック

相手がトスを上げてから動き始め、スパイカーに合わせて飛ぶブロック。

トスが上がってから動くので、確実ですが、速攻攻撃には遅れてしまうことがある。

 

  • コミットブロック

相手がトスを上げる前に、上がる場所を予測して、ヤマを張ってブロック。

ヤマが外れたら、完全にノーブロックになるが、速攻攻撃に対応できるブロック。

 

 

これらのどちらかで対応することになります。

   

結論から言いますが、基本的には、間に合えばリードブロック、間に合わないほど速いなら、コミットということになります。

 

間に合えば、リードブロックで問題ないですよね。

 

 

 

では、コミットの場合、何を基準に、ヤマを張るのか。

 

  • セッターの体や手の向き

 

相手セッターのレベルによります。

どこに上げるのもほとんど変わらないフォームのセッターさんなら、お手上げですが、そこはママさん。

よっぽどのレベルでない限り、レフト、センター、ライトで、体の向き、手の角度などから、上げる位置を読めることがあります。

ブロックに飛ぶ時に、ボールを追っていませんか?

ボールは、レシーバーからセッターへ、セッターからアタッカーへ、つないでいきます。

この、レシーバーからセッターへボールが返る間に、ブロッカーはボールから目を離し、セッターを確認します。

よーーく観察していると、目線や体、手の角度、などの情報から、上げる位置がわかることがあります。

まずは、セッターを見る、という癖をつけましょう。

 

  • アタッカーの位置を確認

セッターの場合と同じですが、ボールが、レシーバーからセッターに送られるまでの間、ブロッカーは立っているだけのはずです。

その間にセッターとアタッカーの位置を見ます。

アタッカーがいる位置が、オープン(平行)か、Aか、Bか、C、ライト(D)か、見ればわかります。

例えば、レフトの選手がBを打つつもりで、中に入っているのに、白帯ギリギリで待つ必要はないということです。

目の前のアタッカーをきちんと見ていれば、少なくとも一枚は確実につくことができます。

 

  • 攻撃を読む

試合には流れがあります。

今日一番決まっているアタッカー、セッターが信頼しているエースアタッカーに持っていきたい、などの流れ、を読みましょう。

または、単純に順番に上げているセッターさんもいます。

そろそろライト、とか、わかる場合もあるので、観察して、読みの精度を上げていきましょう。

普通にできるセッターさんなら、サーブ順のポジショニング変更などで、ブロックが薄くなるところに上げます。

そこを読んで、待ってました!と、逆にどんぴしゃのブロックができると気持ちが良いですね。

 

  • 声を聞く

確実に隠しているのが普通ですが、ママさんの場合、ネット際で、相手が話していることが、筒抜けの時もあります。

ぜひ、セッターとアタッカーの会話を盗み聞きしましょう♪

ちなみに、相手の守備を読む?場合にも効果的です♪(もう少し下がって!とか、外から外から!ストレート開けようか、など?コーチやキャプテンがいろいろ言ってます)

 

   

 

 

ブロックの付き方について、説明させていただきましたが、実は、これより確実に簡単なやり方があります。

拍子抜けしますよ!

そのやり方については、こちら↓

 

 

www.sawa-kurashi.com