ママさんバレー初心者さんにぜひ読んでほしいブログ

ママさんバレーで上達したい方必見!経験者さんと呼ばれる人たちに、追いつき勝てるようになるのか!?

【ママさんバレー】イン、アウトのジャッジの仕方

f:id:sawa7230:20191028173452j:plain

 


イン、アウトのジャッジ、言え、と言われても、なかなか・・・

難しいですよね。

 

「ジャッジ!ジャッジ!」と言っているのをよく見かけます。

 

(そうだよね、ジャッジだよね。わかってるけど、入ってるのかどうかわからないんだよ・・・)

 

と、心の声で呟きながら、「はーい」と答える。

 

そんなかんじかと。

 

今回は、そんなジャッジの仕方について書いていこうと思います。

 

そのジャッジですが、実は、サイドラインとエンドラインでは、やり方が違います。

また、低いボールか高いボールかで、また違います。

 

以下のパターンで分けて解説させていただこうと思います。

   

【サーブやチャンスボールなど余裕があるボールの場合】

サイドラインのジャッジ

サイドライン側の足を、ラインぎりぎり内側になるように置いて、ラインとボールを周辺視野で同時に見る。

基本はカットするつもりで構えておく。

後衛が前衛のためにジャッジする場合は、構えなくても良いが、必ず上記の場所でジャッジする。

その位置のまま、肩から外側(サイドライン側)に手を出すようならアウト。

 

エンドラインのジャッジ

自分で見る余裕があるときは、エンドラインを踏み、ギリギリで取れる位置で待っておく。

なるべく下で構え、ボールの角度を見て、自分より前で取るようなイン。

また、隣の選手のジャッジをする場合は、エンドラインをまたいだところに位置し、ボールとラインを見る。

ボールの軌道を見て、隣の選手が触る前に、イン、かアウトか、を知らせる。

 

 

【スパイクなど、落下地点までの時間がない場合】

サイドラインのジャッジ

ラインまで行く余裕はないので、自分の体の通過地点で判断します。

そのため、元々の自分の立ち位置を常に一定にしておくことが大事です。

基本的には、アンダーで、手を45度以上上げる場所だとアウト、という位置に構えます。

その上で、前衛アタッカーであれば、肩のあたりを超えて通過するボール、オーバーで取るようなボールはアウトです。(ネットと反対側の場合は、アウトではありませんが、肩を超える場合は、後衛のボールです)

後衛の場合は、オーバーで取る場合と、肩を超える場合は、アウトです。

作戦的に、違う場所にポジショニングする場合は、その場所なら、自分の体のどの位置をボールが通ったらアウトになるか、知っておく必要があります。

他の選手のジャッジをする場合も、やはりその選手の体のどの位置を通りそうか、でジャッジの声を出します。

 

エンドラインのジャッジ

基本的には、後衛はアンダーで取れるギリギリの位置にポジショニングします。

サイドラインのジャッジと同じく、ボールが肩のあたり以上を通過すると、アウトです。

ちなみに、ついしがちですが、前衛がエンドのジャッジをすることは、基本的にはありません。

誰でもわかるようなアウトボールの時は、威嚇?のために言うのもありです(笑)

 

 

 

 

尚、このジャッジですが、正確である必要はありません。

いや、こう書くと語弊がありますが、全日本のように、ビデオでチャレンジでもしない限り、ギリギリのボールは誰にも結果はわかりません。

また、見る位置によって、見え方も違います。

試合の場合は、線審がいるので、判定(それでも間違いもありますが)はされますが、コートの中にいる選手が完璧にジャッジするのは、難しいです。

 

間違えたらいけない、思っていると、ジャッジの声が遅くなったり、わからないから言えない、などということになります。

 

なので、お勧めは、明らかに自分でわかったもの以外は、全て「イン!」にすることです。

「アウト!」と叫んでインだった場合より、明らかにダメージが少ないからです。

 

そう考えると、気楽にジャッジできる気がしませんか??

 

そして、相手のアウトボールを願うのではなくて、ギリギリくらいなら、カットしてしまって、攻撃できるような、強い気持ち良いチームになりたいですね。

   

声の出し方はこちら↓

 

www.sawa-kurashi.com

 

 

www.sawa-kurashi.com