ママさんバレー初心者さんにぜひ読んでほしいブログ

ママさんバレーで上達したい方必見!経験者さんと呼ばれる人たちに、追いつき勝てるようになるのか!?

【ママさんバレー】声の出し方(アタッカー編)

f:id:sawa7230:20191028181335j:plain

 

 

青色部分は、レシーバー編と同じです。

と既に読まれた方は、読み飛ばしてくださいね♪

 

 

バレーボールで、大事なことの一つに声出しがあります。

声出しているのに、声出して!と注意される・・・、よくありますね。

 

今回まずは、アタッカーの声の出し方を書いていこうと思います。

 

私も、昔はよく声を出して!と言われていました。

出してるのに・・・とも、よく思っていました。

 

正直、声が通る、通らない、は、あると思います。

ボソっというだけで、聞こえる人もいます。

うらやましいです(笑)

 

どうして伝わらないんだろう、と、試行錯誤の結果、伝わるためには、次のことが必要かな、と思いました。

 

 

  • 声を張ること

前述もしましたが、基本的には、もちろん大きい声の方が良いです。
体育館の中では、いろんな音が飛び交っているし、広い体育館だと音が吸収されます。
なので、聞こえない、と言われるのなら、まずは受け止めて、自分で思っている以上に頑張って、さらに声を出しましょう。

 

 

  • 連呼する

一回だけではなく、何度も連呼するのも良いです。

何度も呼ぶと、どこかのタイミングで聞いてもらえる瞬間に聞こえます(笑)

 

 

  • 気持ちを伝えるように声を出す

声を出して!とい言われると、決まった言葉を機械的に言っている人をよく見かけます。

ですが、この、声を出して、の、”声”は、相手と会話をしましょう、ということです。

オープン、と、ただ単に声を出すだけではなく、「〇〇さん、ここに持ってきて!」という気持ちを込めて、〇〇さんと会話しているつもりで、オープン!と呼んでみてください。

気持ちがこもると、自然に必要な音量と、必要なタイミングになったりもするものです。

誰かに、ではなく、適当に投げた”声”は、相手も受け取り辛いです。

 

  •  タイミング

 

相手が聞きたいタイミングで声を出すことも大切です。
特に、トスを呼ぶ場合は、なるべく早い方が良いです。
カットが上がってボールがセッターに行く頃では遅すぎます。
一個目がカットされる前くらいで良いです。
そのタイミングだと、セッターも余裕があり、聞く耳を持っているので、ちゃんと聞いてもらえます。

また、二段トスを呼ぶ場合も、上げる人が迷わないように、一個目のカットが弾かれた瞬間に、すぐトスを呼びます。

 

 

 

  • どうしても声が通らない場合は、アクションで

それでも、どうしても上手く伝わらない場合は、アクションで呼ぶこともできます。

セッターが見える位置にいるアタッカーの場合は、手を大きく上げるだけでも、伝わります。

または、手をたたくと、伝わりやすいです。

セッター後ろにいるアタッカーの場合は、手を上げただけでは伝わりませんので、たたく方法で。

ただし、この場合、ラリー中のコンビなどは使えないので、できれば声で伝えられるようになれると良いですね。

 

 

 

声を出して!と言われ、出してるのに!という悩みは本当によく聞きます。

ただ、聞こえない、と言っている人に、言っている、と言っても、押し問答になるだけです。

あなたは、声は出しているのだとは思いますが、自分は出してる!と思わず、出しているけど、相手には伝わっていない、と認識して、どうにか伝わるように自分を変えていくしかないです。

 

 

ここではあまり触れたくないのですが、逆に立場であることも踏まえ、あえて書きます。

 

 

相手自体が余裕がなく、プレーに必死すぎる場合は、プレーに集中しすぎて声を聞けていない場合もあります。

 

 

あなたが聞く立場の場合は、どんな小声でも聞き逃さないように、常に周りが何か言っていないか、聞くことに集中する意識を持ってほしいです。

逆に、あなたが声を発する立場の場合は、相手のせいにしていたら、状況はいつまでたってもかわりません。

できることは、プレーに必死で余裕がない相手にでも、伝わるように伝えることしかありません。

 

 

最後に、咄嗟に声が出せない・・・、と自分で思っている場合です。

 

 

その場合は、必要なところだけ、急に声を出すのは難しいので、実況中継のように、ずっと声を出し続けてみるのが良いと思います。

 

 

 

相手サーブ~サーブカットまで

「〇〇さん!(カットしてほしいメンバー)」

「はい!(自分がカットする時)」

 

カット~セッター(二個目を上げるメンバー)まで

「〇〇さん!」

「はいはいはい!(自分が二段を上げる時)オープン!(トスをあげる場所)」

 

トス~アタッカーまで

「オープン!(←自分のポジション)」

自分が打たない場合は→「二枚!(ブロックの枚数)」

「フォロー!フォロー!(味方へ向けて)」

 

アタッカー~相手コートまで

「すぐ戻って!」

 

相手からの攻撃

「ツー!(カットが高くてセッターが返しそうな時

「ブロック!(カットが高くてセッターが返しそうな時)」

「チャンスチャンス!(チャンスで返ってきそうな時)」

 

 

 

など。

 

例えば、こんなかんじで、ボールが落下するまでの間いくらでも声を発する機会があります。

ボールが上がっている途中でも「ナイスカット!」「ナイストス!」「ナイスキー」など、と言っても良いと思います。

 とにかく、しゃべり続けることです。

 

今まで本格的にスポーツをしていなかった場合、そもそも、大きい声を出すことが恥ずかしいこともあります。

が、バレーボールでは声を出すことは、当たり前のことなので、とりあえず、なんでも良いので、まずは大きい声を出すことに慣れましょう。

 

 

最初は、ボールが動いていない間に言える、

 

「ナイスサーブ!(味方サーバーへ)」

「よし、来い!」(サーブカット側の場合)

 

などから始めるのが、簡単かもしれません。

 

この時も、ネットに向かって適当にではなく、誰に言っているのか、その人にどうしてほしいのか、気持ちを意識しながら言うと良いと思います。

 

 

コート内で、”会話”ができるようになると、バレーがさらに面白くなると思いますよ~。

 

ジャッジの仕方はこちら↓

 

www.sawa-kurashi.com