ママさんバレー初心者さんにぜひ読んでほしいブログ

ママさんバレーで上達したい方必見!経験者さんと呼ばれる人たちに、追いつき勝てるようになるのか!?

【ママさんバレー】アタック(スパイク)が上手くなる方法

f:id:sawa7230:20191028175824j:plain

バレーを始めたら、やはりアタックを格好良く打ちたいですよね。

経験者さんの豪快なアタックをみて、あんな風に打ちたいと憧れるものの、なかなか上達しないのもアタックです。

 

 

どうして上達するのが難しいのか?

 

 

それは、一度にする動作が多いからです。

   

 

例えば、レシーブなら基本的には、手の面を作ることでレシーブ自体はできます。

が、アタックとなると、

 

①踏み込みの足を覚える

②同時に手の振り方を覚える

③タイミングを合わせジャンプする

④ボールを適当な位置でミートする

 

最低でも、この4つが基本的にできていないと、手にミートせず、ぽよよーんとしたチャンスボールのアタックになります。

 

ボールに合わせるのが精いっぱいで、踏み込みの足が全くできていない方もいますが、その場合は、ボールを打つのは後回しにして、まずは踏み込みの足と手の形を、何も考えなくてもできるように練習すると良いと思います。

適切な足の踏み込みと、手の振りを使うことで、力強いアタックが打てるようになります。

 

 

打ってみるのも、否定はしませんが、ボールがあるとボールに手を当てることだけに集中してしまい、それで合ってしまい、変な癖がついてしまうと、後から直すのは大変です。

 

また、いきなりスパイクを打つのではなく、全ての動きを意識しながら、フェイントから練習するのも良いと思います。

 

 

 

基本的な動作については、こちらの動画がわかりやすいです。

 


初心者のためのバレーボール上達講座![スパイク編]

 

 

さて、ここからがママさんバレーのための解説です(笑)

 

 

基本の動作は、以上の通りですが、ジャンプの高さ、パワーなどで、経験者さんと渡り合うのは正直至難の業です。

 

 

そこそこにミートしてコース打ちができるようになったら、とにかく落ちるポイントを探すことに集中すると良いと思います。

 

 

チームによってさまざまなので、もしかしたら正統派でバレーをしているチームだと、邪道と言われるかもしれません。

が、ママさんバレーはママさんバレーです(笑)

綺麗にバシバシ打っても決まらないアタッカーより、軟打でも点が取れるアタッカーのほうが重宝されることが多いです。

 

 

さて、では落ちるポイントとはどこなのか?

 

 

残念ながら、ここ!とわかれば、みんな苦労はしません(汗)

 

 

ただ、やみくも強いボールを一生懸命打つことを練習するよりも、その時その時に自分で考えることが大事です。

 

 

いつも練習試合をするところなら、相手のどこが弱いのかがだんだんわかってくるはずです。

初めましての試合であれば、やりながら落ちるところを探します。

一人で探さなくても、チーム全員で探して共有し、徹底的にそこを狙うのもあり、です。

 

 

では、どうやって探すのか、ですね。

   

 

 

  • 下手な人

どんな時でも、相手にボールを返す時は、基本中の基本です。

そのチームでレシーブが一番うまい人と勝負したり、ブロックの上手い人に向かって打つ必要はないのです。

勝てる可能性が高い相手と勝負しましょう。

 

 

  • 一度アタックが決まった場所

一度決まった場所は、二度決まる可能性が高いです。

相手が意識して、そこをカットできるようになったら、別の場所に変えます。

逆に言うと、相手が楽々カットしたところに二度打って(落としては)はいけません。

その場所は、相手が守るのが得意な場所のため、次もまず落とすことはないでしょう。

 

 

  • 直前の行動で、相手選手が元の位置に戻れていない場所

直前に、誰かのフォローなどで、大きく走ったとか、転んで取ったなどの場合、速くボールを戻すと、そこが穴になります。

あえて3個目で返す必要もなかったりもするのですが、穴ができたら、すかさずそこに落とすと決まります。

 

 

 

基本的には、この3点だと思います。

この場合、別に強い強打じゃなくても、落としさえすれば良いのです。

もちろん、速く強く落とせればその分決定率もさらに上がりますが。

正面切って戦わなくても、弱いところを狙うのはセオリーです。

 

 

 

また、別の側面ですが、いろんなアタックを持っていると良いでしょう。

 

 

常に同じスピードで、同じ角度でスパイクしていると、上級者でも同等の力のチームでは決まりません。

一生懸命打ったわりには決まらず、体と心が疲弊するばかりです。

 

 

  1. 全力でなるべく真下に打つ強打
  2. 半分くらいの力で打つスパイク(ハーフ)
  3. 途中で手を止めてペチっと無回転でうつ
  4. ナイストスがきた時にするフェイント
  5. ブロックアウトを狙って打つ軟打

 

今、思いつく限りで、このくらいですが、この中で、1が一番決まりにくいかもしれません。

レシーバーさんから、コースを読まれやすいからです。

決まりにくいと言うと、語弊があるので、補足すると、バリバリのバレーボーラ-さんでない選手のスパイクでは、です。

もちろん、相手が格下のチームであれば、吹っ飛ばしたり弾いたりして、決まることもありますが、同等もしくは、格上のレベルであれば、まともな強打を打ち続けるのは、得策ではありません。

もちろん強打を打たないわけではないですが、上記のようないろんな攻撃を持っていると、格上のチームでも、迷い始めるので、結果的に、普通の強打も決まりやすくなったりします。

 

 

まとめると、強く打つことから、決まるところに打つ、に頭を切り替える、ことが点を取る秘訣です。

スパイクが上手になることも、平行して練習しながらも、他の側面で点を取ること自体を考えていけると良いですね。