ママさんバレー初心者さんにぜひ読んでほしいブログ

ママさんバレーで上達したい方必見!経験者さんと呼ばれる人たちに、追いつき勝てるようになるのか!?

【ママさんバレー】トスの上げ方

f:id:sawa7230:20191028213648j:plain



 

初心者さんで、セッターを目指す方。

もしくは、他のポジションだったけど、セッターに転向する方。

トスの上げ方についてお悩みでしょうか?

 

 

やってみると、まずは、トスが単なるオーバーパスと違うことに戸惑うと思います。

 

 

普通にセッターやっている方は、当たり前のことですが、セッターのトス(オーバー)は、ほぼ真横からくるカットを、相当な高さで上げるということです。

 

 

そのため、正確にボールの下に入らなければ、安定したトスにはなりません

 

 

尚且つ、それができるようになったら、手のキャッチの位置が常に同じところで、レフト、センター、ライトへのトスが上げられるようになりたいですね。

 

 

セッターのトスの技術については、こちらの動画がわかりやすいです。

 


初心者のためのバレーボール上達講座![オープントス編]

 

 

セッターは、司令塔です

 

 

技術とは別に、気を付けることを何点がご紹介したいと思います。

 

 

  • 自分のチームのアタッカーの状況を知っておく

上級者のチームでは、アタッカーが準備しているのが当たり前なのですが、ママさんバレーに限り、残念ながら、準備していないアタッカーさんが多いです。

トスを上げたら、そこにいなかった、とか、普通によくあることです。

アタッカーは常に準備しておく、も大事ですが、そこはアタッカーの回でお話させてもらいことにして、今回はセッター側でできること。

アタッカーがどこにいるのか、転んでいないか、ぼーっとしていないか、入る気があるのか、を、ボールが手の中に入る前までに、確認しておくと、無駄にボールが落ちることが防げます。

今、打てる状況にないアタッカーにトス上げてしまうのは、セッターの責任、とも言えるのです。

 

  • 相手ブロッカーを見る

ボールから目を離すな、と言われるかとは思いますが、ボールから目を離すことも大切です。

セッターは特に、相手コートを確認することが必要です。

基本ができた次のセッターの仕事は、アタッカーに気持ちよく打ってもらうことです。

早々に、弱いブロッカー、低いブロッカーを見極めて、対する自チームのアタッカーに上げたり、その前の段階で、カットやブロックして戻れていないブロッカーがいるところに上げる、など、得点できやすいところに上げることが大事です。

通常は好きなところに上げたら良いのですが、ノーマークになり楽に点を取れそうな場面にも関わらず、二枚しっかり待っているところにわざわざ上げるのは、もったいないですね。

一番簡単なのは、前衛がサーブを打つ時に、前衛まで走って戻る場合です。

これなら、ボールが動いている時ではないので、前もって落ち着いて考えることができます。

高いゆっくりのサーブを打つサーバーでない限り、ほとんどの確率でブロックが未完成になる、もしくは間に合いません。

まずは、サーバーが前衛で、前衛まで戻る場合、から意識してみましょう。

 

 

  • レシーバーに声をかける

できていないセッターさん多いです。

アタッカーさんが決めると盛り上がるし、みんながアタッカーに駆け寄ります。

もちろん、みんなで点を取れたことを喜ぶことも良いことです。

ただ、縁の下の力持ち的存在のレシーバーさんは、なかなか個人的に褒めてもらうことが少なくなります。

でも、レシーバーさんのカットがなければ、スパイク、そして得点はありえないのです。

上がって当たり前で、上がらない時だけ文句を言われるのでは、モチベーションも下がっていきます。

みんながアタッカーに目を向けている中、当たり前にいつもカットを運んでくれるレシーバーさんに一番に声をかけられるのは、セッターさんです。

ぜひ、「ナイスカットありがとー!」と声をかけましょう。

もちろん、スーパーレシーブで上がった時は、みんなで駆け寄ってバシバシ褒めましょう♪

なんて、甘い!と思われるかもしれませんが、それがママさんバレーだったりします。

 

 

  • ツーアタックをする

ツーアタックですが、基本的には、乱れたカットをツーで返すのは、決定率が低いです。

なぜなら、相手もツーになるだろう、と予測ができるからです。

セッターなら、乱れたものは、よっぽどでない限り、トスにしたいですね。

ジャンプしたり、ネットを使ったり(9人制)して、なんとかトスにしましょう。

その上で、ツーアタックをするタイミングは、超ナイスカットの時と、ラリー中、そして、相手が乱れて、必死で3つ目をチャンスボールで返してきた後です。

ラリー中は、3回程度ラリーが続いた後、フォーメーションが乱れ始めた時が狙い目です。

ちなみに、試合開始1発目のツーも決定率は高いですが、なんとなく不穏な空気が流れるのでお勧めしません(笑)

 

 

  • リズムを変えたトスを上げる

意識しているのかいないのかわかりませんが、レフト→センター→ライトの順番で平等にトスを上げる優しいセッターさんがいます。

が、残念ながら、相手ブロッカーには読まれやすいですよね。

リズムを変えてトスを上げると、アタッカー全員の決定力があがります。

簡単なお勧めは、同じアタッカーに2度、もしくは3度、続けて上げることです。

エースじゃなくても構いません。

そうすることで、少なくとも、レフト→センター→ライトの順番は崩せます。

次に、レフト→センターではなく、レフト→ライトとか、ライト→センターを絡めると

順番が読まれにくくなります。

リズムを変えても、最終的に平等に上げることはできますので、ぜひ意識してみてくださいね。

ただし、試合に勝とうと思ったら、勝負所では、平等ではなく、その時決定率の高いアタッカーに勝負してもらう、ということが往々にしてあります。

 

 

トスの上げ方ですが、技術的なところではなく、戦略的には、それぞれお持ちのスタンスもあるかと思います。

ここに上げた以外の方法で考えて上げている方は、それはそれで構いません。

何も考えたことがなかった、という方は、良かったら、一つの作戦として試してみてくださいね。

考えることにより、また新たな戦略を思いついたり、逆に、相手セッターが何をしてくるか予測がつくようになります。

 

 

ランキングに参加しています。

応援いただける方、

↓クリックよろしくお願いします(^^♪

にほんブログ村 その他スポーツブログ ママさんバレーへ
にほんブログ村