ママさんバレー初心者さんにぜひ読んでほしいブログ

ママさんバレーで上達したい方必見!経験者さんと呼ばれる人たちに、追いつき勝てるようになるのか!?

【ママさんバレー】サーブカットが上手くなる方法

f:id:sawa7230:20191028181015j:plain

 

サーブカット大事です。

 

 

地味ですが、本当に大事です。

 

 

以前のブログで、チャンスは絶対!と書きましたが、サーブカットはその次に大事です。

 

 

サーブカットがセッターに返るかどうかで、やはり同じチーム、同じアタッカーでも、そのチームの攻撃力が変わってきます。

 

 

サーブカットの基本の技術については、こちらの動画がわかりやすいと思います。

 


初心者のためのバレーボール上達講座![サーブカット編]

 

 

 

 

ゆるいサーブでも距離がある分、ボールに力があるので、腕を振ると弾いてしまいます。

強いサーブなら、なおさらです。

 

 

サーブカットは時間に余裕がある分、しっかり見極めることができます。

ボールの落下地点に素早く入り、左右だけでなく、前後もしっかり合わせて入りましょう

横着して手だけで追いかけるのではなく、きちんと体の正面で待つようにすると良いです。

 

 

 

1セット中、チャンスボールがくるのは、1、2本あるかどうか、というところでしょうか。

では、次に良い攻撃に持っていける確率が高いのは、サーブカットということになります。

サーブカットからの攻撃を、何本スパイカーに繋げられるか、が、勝敗を分けます。

 

 

セッターさんの右肩に持っていくのは、もちろん理想ですが、まずはネットを超えないこと、セッターさんあたりに、適度な高さで持っていくことから始めると良いと思います。

最初から、あまりにセッターさんの右肩を意識するとネットをオーバーすることも多くなります。

なので、ぼやっとあの辺りかなー、くらいの方が、攻撃に持っていけるカットになる確率が高くなります。

 

 

ただし、これは試合(もしくは練習試合)の時のみです。

練習の時は、”練習”なのでミスしても良いのです。

ぜひ、ベストを目指したカットを練習しましょう。

 

 

さて、サーブカットですが、だいたいどの辺の来るかがわかると、心構えができます

 

 

サーブを打たれる前に、確認することは、以下の二点です。

 

 

  • サーブを打つ選手がどこにいるのか?

サーブを打つ時には、エンドライン全てが使えます。

なので、右側にいるのか、左側にいるのか、真ん中なのか、サーバーの場所を確認しましょう。

 

  • サーブを打つ選手の体の向き

体がどの方向を向いているのかを確認します。

真っすぐ前を向いていれば、ストレート方向、斜めを向いていれば、クロス方向ということになります。

 

 

二点を確認したら、サーバーに体を向けて構えます。

いつも同じ方向(ネットに正面)を向いている選手をよく見かけますが、サーバーの位置によって、構える方向も変えた方が良いと思います。

フォーメーションについても、サーバーの位置によって微妙に変えると守りやすくなるのですが、守備位置は、チームによってそれぞれ違うので、こちらでは割愛させていただきます。

 

 

ボールが来たら、セッターへ向けて、腕で面を作ります。

あとは、動画の通り、目線がなるべく上下しないように、落下点に移動して、カットします。

 

 

前後左右の選手とかぶることもあると思います。

これについては、選手同士で話し合っていくしかないと思います。

若いチームでは、ここは誰が取る、とか、今のは〇〇だよ!と決めつけて注意しているのをよく見かけます。

ですが、学生時代と違って、それぞれの能力に差がある人たちが集まってできているチームが、ママさんバレーです。

 

 

誰が取るのか、は、その都度決めたら良い、と思います。

 

 

極端な話、ママさんバレーの場合、ものすごく上手な選手を真ん中に置いて、その人がすべてカットしても良いのです。

 

 

前衛のカットが上手ければ、後衛の範囲を減らせば良いし、後衛が上手ければ、前衛はほとんど取らずに攻撃に専念すれば良いです。

左右の関係も、隣の選手がカットが苦手であれば、少しそちら側によって、守備範囲を広げることもできます。

 

 

ただし、正面は取りましょう(笑)

正面だけは、他の選手でカバーはできません。

 

前後に関しては、なかなか判断が難しく、一人ならカットできるのに、コートに入るとカットできないという選手も多いです

前が取るかと思った、とか、取ろうと思ったけど、思ったより伸びたから取れなかった、などなど。

自分が取るかどうか、一人で判断できるようになるには、ここは経験しかありません。

どのボールを任せて良いのか、どのボールを取ってほしいのか、何度も経験して覚えていくことです。

 

また、そのボールを取らない、と決めるのは、なるべく早い方が良いです。

これ、実はものすごく大事です!

前衛で取れるボールだったとしても、避けさえすれば、後衛は取れます。

避ける場合は、ボールがネットを超えるより前に、体と手を開いて後ろを向きます。

これもできてない初心者さんも多く、後ろを向いたとしても、首だけという方、ボールが来る直前に避ける方、がいます。

これでは、後衛は前衛が取るのか、と思ってしまい、動きが一瞬遅れがちです。

 

 

週1、2回の練習では、次の練習では忘れてしまうことが多いかもしれませんが、なんでも覚えて毎回も意識する、ということは、全ての上達の基本です。

 

 

尚、一人では時間がかかりますが、チームという形であれば、回りが声を出すことで解決します

ボールが落ちてから、〇〇だよ!とダメ出しするのではなく、サーブがネットを超える前までに、〇〇!と、誰かが名前を呼ぶと良いです。

必ず、ボールが落ちる前です。

前!とか、バック!とかでも、かなり助かります。

誰かが、だと、他人任せになったりもするので、全員で呼ぶ、とするのも良いと思います。

 

 

最後に、前衛がどんな動きをしようと、後衛の選手は、全てカットするつもりで入っておくという方は、頼もしいレシーバーさんですね。

基本といえば、基本なのですが、ママさんバレーでは、とかく、前だ後ろだ、と揉めている場面をよく見ます。

前がすかしたとしても、大丈夫!後ろで取るよ!というタイプのレシーバーさんだと、前衛も恐縮せず、信頼度MAXです。

 

 

そして、逆に言うと、全て取る心構えをしていると、前が取るかどうかは関係なくなりますので、前か後ろかの判断が必要なくなり、結果的に自分もやりやすくなります。

自分が取れない完全に前のボールだと思ったら、前!と叫んでおきましょう。