ママさんバレー初心者さんにぜひ読んでほしいブログ

ママさんバレーで上達したい方必見!経験者さんと呼ばれる人たちに、追いつき勝てるようになるのか!?

【ママさんバレー】強いサーブを打ちたい?

f:id:sawa7230:20191028180244j:plain




 


なんと言っても、まずはサーブが一番大事です。

最初は、派手に決めるアタックに憧れるかもしれませんが、サーブが入らないと試合になりません。

サーブが入らない人は、コートに立てる機会も少なくなるかもしれません。

 

 

基本的な技術については、デンソーさんのこちらの動画がわかりやすいです。

 

 

【フローターサーブ】

www.youtube.com

 

【アンダーサーブ】

www.youtube.co

 

 

 

サーブがネットを超え、まっすぐ飛ぶようになったら、さらに強く、速く、相手を吹き飛ばせるくらい重く打てるよう一生懸命練習…!?

 

 

ではなく!

 

相手コートのどこに打つのかを考えます。

 

 

 

 

①下手な人

当たり前のことですが、一番サーブカットの下手な人を狙います。

単純に、上手い人に取られるのと、下手な人に取らせるのと、では、相手のサーブカット返球率はかなり違ってきます。

ママさんバレーでは、相手コートに初心者さんがいることも多々あります。

サーブもう来ないでっ!!と、その人が泣きそうになるまで、徹底的に狙いましょう。

尚、今からあなたを狙うよ、と相手の目を見つめるのも、その人にプレッシャーを与えられるので、効果的です。

 

②相手のエース

もし相手選手みんなが上手な場合は、相手エースを狙うのもありです。

ママさんバレーのレベルにもよりますが、アタッカーがサーブカットした場合、その選手にはトスを上げないセッターさんも多いです。

一枚、しかも一番決定力のあるアタッカーにトスが上がらない場合、その後のこちら側の守備が楽になります。

トスが上がったとしても、その選手の速攻などの攻撃はなくなる可能性が高いです。

 

 

③人と人の間

当然ながら、サーブカットは、正面で取るより動いて取る方が難易度は上がります。

そして、ちょうど真ん中だった場合、相手がお見合いしてくれる可能性もあります。

 

 

④ライト側

①~③のようなピンポイントで狙えない場合は、レフト側よりライト側を狙います。

これも相手セッターのレベルにもよりますが、レフト側からのカットをトスするのと、ライト側、特にライト前衛からくるカットをトスするのと、では、後者の方がトス回しが難しいです。

トスが乱れる、もしくは攻撃の幅が少なくなる、など期待できます。

 

 

⑤ものすごく高いサーブを打つ

狙うことができない、もしくは、どこに打ってもあまりにチャンスボールになってしまうサーブの場合、天井に当たるか、というくらい高いボールにするという手もあります。

高いボールは、扱いにくいので、ちょっとした経験者さんでもはじくことがあります。

「いやーーーーっ!」などと叫ばれるかもしれません(笑)

ちょっと高いボールではなく、ものすごく高いボールにすることが大事です。

狙うのは、ど真ん中で大丈夫です。

 

 

⑥ネット際スレスレ

技術的には少し難しいのですが、あなたのサーブがいつも長めなら、チャンスボールで構わないので、たまにネット際スレスレに入れると、後ろ目に構えていた前衛アタッカーが焦ります。

アタッカーが前に慌ててカットしにいく形になると、成功です。

カット失敗になる可能性も高く、取れたとしても、大抵打てなくなります。

②と同じですが、アタッカー一枚をつぶすことができます。

 

 

 番外編 ストレート方向に打つ

ボールをカットする時に、まっすぐ返すのと、飛んできた方向と違う方向に返すのでは、後者の方が難しいです。

クロス方向に打つと、カットする人からセッターの方向へまっすぐ返す形になり、難易度が下がります。

絵に描くとわかりやすいのですが、描けなくてすみません(汗)

 

 

 

いかがでしたでしょうか?

そんなの当然!という方も、へー!なるほど!と思われた方もいらっしゃったかと思います。

知識として持っていても、試合になると、いっぱいいっぱいで忘れてしまうこともあります。

チームの誰かが、試合開始時やタイムの時などに、声にしていくといいですね。

ちなみに、狙うなら、チーム全員で狙うのが効果的です。

相手に、また弾いた!次もこっちに来たらどうしようっ、とプレッシャーを与え、さらにミスを誘うことができます。